京急線 走行中の列車内でアルミ缶が爆発か 京急川崎駅に警察や消防など出動

京急電鉄によると、3日21時10分頃、京急本線の下り列車内で、何らかの液体が入ったアルミ缶が破裂したとの情報があり、京急川崎駅で列車内の点検を行った。

トラブルがあった当時、現場から京急の指令部門には「空き缶にハイターみたいなものが入ったものが爆発した」といった趣旨の連絡が入ったという。

消防によると、警察から「破裂したアルミ缶の成分を確認してほしい」と連絡があり、京急川崎駅で状況を確認中だという。22時10分時点で、成分の分析を進めているものの、危険物である可能性は低いとみられる。

SNS上の投稿からは、ボンベを背負った消防隊員が駅構内に出動している様子が確認できる。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
ライフライン

東京都内 八王子市など中心に約8000軒の停電 東京電力

ライフライン

東京 東大和市で停電 約1900軒 東京電力

一般ニュース

東海道新幹線 浜松駅〜名古屋駅間は終日運転見合わせ このあと記者会見を実施へ

ライフライン

東京 多摩市で停電 約2050軒 東京電力

気象・災害

東京 多摩地域で豪雨や降ひょうの報告相次ぐ このあと雨雲は東へ進む予報

事故

東海道新幹線 豊橋駅~三河安城駅間で保守用車が脱線 運転再開は早くても12時以降